サバイバルな生活

チビがいると毎日お水や外出の心配などが絶えませんね。放射能問題は、乳児だけでなく幼児だって気を付けたいものです。しかし世の中からお水が消えてきてしまって東京でも購入困難な日が続いています。運よく日本産の軟水ミネラルウォーターでも手に入る時は良いのですが、海外の硬水など飲み慣れないものを使ったら何だか私や娘のお腹が緩み始めてしまいました。でもご飯を作る主婦としてはやっぱりお水が心配なので色々考えてお料理しています。お野菜は無水鍋を使って少量のお水しか使わない。野菜から出る水分を活用。カレーはトマト缶で煮る。ご飯は、お店に余りがちな炭酸水を使用してみました。なんとなく炭酸水を使ったらふっくらご飯が炊けるのではないかと・・・結果オーライ!何も問題無しです。カレーやチャーハンなどにするなら全く違和感無しですよ。鳥肉のコーラ煮をしたことがありますが、炭酸水は煮物にも使えそうですね。お肉とか柔らかくなると思います。お店にお水が無い時は炭酸水も使えます。是非やってみて!炊き込みご飯なら緑茶で炊くのもありな気がします^0^
ca55zth9 cacxv1d4 caf48k9ucat04nu0 ca729949

結婚記念日

201103230933443月21日私達夫婦は19回目の結婚記念日を迎えました。しかしこんな震災の後・・・・パパは休みなく仕事に出ているし外食などといった優雅なイベントなどは一切なし。
節電する部屋のたった1個の電球の下で家族5人肩を並べての夕食。でもなんて贅沢なのでしょう。こうやって家族そろって温かいご飯を申し訳ないと思いながら食べられる私達は幸せなのですね。いかに今まで当たり前に贅沢をしてきたのかと改めて痛感する思いです。
ご飯の後は、子供たちのリクエストにより5人そろってのゲーム大会。さいころゲームのYAHTZEEとカードゲームのジジ抜き^0^ チビも一人で参加出来るようになり久しぶりに家族が向き合った時間でした。
←こちらはパパのお友達であるプリザーブドフラワーアーティスト阿部久美子さんが作ってくれたお花です。

化粧水&香水講座

p2030951p209105620110226110827大変遅くなりました。以前行った講座の様子をUPします。
先月2月26日にせいが保育園で行った化粧水講座。今回の内容は参加者の方のリクエストでまずは香水を作ってみたいという希望で始まりました。そこでローズとサンダルウッドとフランキンセンスがブレンドされた精油をGetしたので化粧水も作る事にしました。これがまた良い香り!最高のグッズが出来大変喜んでもらえました。当日参加出来なかった方にも欲しいというお声を頂きキッドにしてお渡ししているほどです。こんな震災も起こり不安で落ち着かない日が続きますが、時々アロマを取り入れ心を癒せたらと思います。

Baby-Babooのお教室について

このたびの震災によって被害をうけられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今回の震災は思いの外被害が大きく、東京でもかなり色々な物不足や不便が続いております。
今月ご予約頂いていた出張も延期という形で中止にさせて頂いております。
(センターのベビマについては4月14日木曜日午前10時30分を予定しております)
Baby-Babooのお教室は殆どお子様連れでの参加になっておりますので、まずは安全を重視させて頂きいくつかのお教室はお休みさせていただきます。
また、ナチュラルケアの講座も只今材料が不充分であったりするため当分の間は出来るもののみのご提供になります。
こんな時期なだけに乾燥もひどく、お肌のカサカサによるかゆみや湿疹にもご注意くださいね。
風邪も流行ってきていますし、花粉も地震の影響でものすごく飛びました。その結果、花粉症の患者さんが急増しています。
放射能の問題もあり、今後の日本がとても心配になりますね。どうか皆様もお気をつけてお過ごしくださいませ。

大地震

p31200541p3120055
11日(金)午後14時46分、私は自転車で目白から代々木上原に向かっていました。初台を過ぎて幡ヶ谷方面に進んでいるとまっすぐ走れない。パンク?何だろう?その時ポケットで娘からの電話で携帯がブーブーなっていることに気付き手をかけた時地震と気付き自転車を降りました。娘も家が揺れ始めて私に電話をかけてきていたのですぐにつながったものの激しい揺れの後電話は勝手に切れてしまいました。首都高速道路は倒れてくるのではないかというほどの揺れ、まわりはガシャンがシャンという激しい音、倒れてきそうな電柱。石垣は崩れ落ち、今通り過ぎてきたビルの壁もボロボロはがれ落ちている。電話はもうどこにもつながらない。ただ事ではない。出勤先まではあと少し、このまま帰るべきか進むべきか全く状況が掴めずとりあえず職場へ行って帰宅することを伝えとんぼ帰りしました。
帰り道割れたガラス窓、崩れ落ちた壁、避難してきたビル内の人々をかき分けるように急いで自転車でまずはチビのいる保育園に向かい無事を確認し連れ、今度は中学校に。中学校は集団下校するということで長男の無事を確認してから自宅マンションへ。気丈な娘は一人で待っていました。その後、一人で留守番をしている娘を心配し私の母が訪ねてきました。
うちのマンションは揺れ方向が良かったのか食器戸棚類の棚は倒れなく食器も全て無事でしたが、かなり物が散らばっていました。
長岡に居る夫の実家が以前新潟震災を受けたことから食器棚にはドアロックを付けストッパーを付けていて本当に良かったです。
流しに洗った食器があったのですが上手く全部シンクに入り込み割れずに無事でした。
マンションベランダから周りを見てみると瓦が崩れているお宅を何軒か発見いたしました。
まだまだ余震が続いていてなかなかゆっくり眠る事も出来ない日々が続いておりますが、皆様もお気を付けてお過ごしください。
またご予約頂いているお客様も、ご都合に合わせて変更もいたしますのでご連絡頂ければと思います。